空気浄化を科学にする

九州大学大学院農学研究院 
教授(工学博士) 白石文秀

第6回 浄化性能のない空気清浄機が売れる理由

第4回で述べましたように、私は10社程度の空気清浄機を手に入れてVOCを含む空気の処理性能を調べ、これらのほとんどがVOC濃度を1ppmの低濃度域で、まったくまたは実用的な速度で低下させることができないことを確認しました。しかし、明らかに消費者の期待に沿わないこのようなものが、空気清浄機として堂々と販売されています。なぜこのようなことが可能なのでしょうか。それは、空気清浄機という名称を持つ装置にVOCを分解・除去しなければならないという義務が法的に課されていないからです。花粉、ほこりなどの大きな微小粒子を除去することができればいいのです。

では、これらはなぜ売れるのでしょうか。その大きな理由は、消費者が製品の性能を自分で確かめることができないからだと思います。「あの有名なメーカーの商品だから」、「日本のメーカーは高い技術力を持っているから」、「しかも何万円もするものだから、それに見合う性能を持っているはず」と、消費者は疑心を持つことなく購入してしまうのだと思います。

消費者は測定器を持たないため、空気清浄機を運転した際にVOC濃度がどれくらい低下したかを知ることができません。1ppm以下の濃度になると、プロでも正確に測定することが難しくなります。では、クーラーはなぜ売れるのでしょうか。手をかざせば冷たい空気が出ていることを感知できるからですね。しばらく運転しても部屋の温度が一向に下がらなければ、クーラーを買う人はいなくなるでしょうね。空気清浄機でも消費者が空気浄化の程度を知ることができるようになれば、その多くは商品価値を失うことになるでしょう。

数年前から、空気中の総VOCの濃度(空気中に含まれる多くのVOC濃度を合わせた値)を表示するセンサーが数万円で市販されています。測定精度を調べたところ実際の濃度と大きく異なることがわかりましたが、それでもppbの単位で表示される値は、室内空気が汚れているかどうかを知るための目安にはなると思います。これが普及すれば空気清浄機に対して消費者の厳しい眼が向けられるようになるでしょう。

一方で、環境指針値のような小さな濃度まで、あるいはそれ以下まで空気を浄化する必要があるのかという疑問が生じるかもしれません。要求される空気浄化の程度は人により異なります。化学物質過敏症というあまり認識されていない深刻な病気があります。この病気で苦しむ人は新聞や雑誌のインクの臭いを嗅ぐだけでも気分が悪くなります。ペンを使うことができず、鉛筆で文字を書かざるをえない人がいます。ましてや、建物の材料、家具などから放出されるVOCを多く含む空気環境中では住むことができません。具合が悪なり近くの病院へ行っても相手にしてもらえないことが多いそうです。これは医者でさえこの病気の存在や実態を知らないからです。このような話を聞くと、自分は生まれつきからだが強いので大丈夫だと思うかもしれませんね。でも、いつ発病するかわかりません。予防するには化学物質にさらされないようにすることが大切ですが、現代社会ではとても難しいですね。私の周りで調べてみると、化学物質過敏症の予備群が意外と近くにいることがわかりました。これらの人たちはまだ発病までには至っていないようですが、この病気の存在を知らないため、なぜか洗濯した衣類や強い化学物質の臭いを発するものに接すると気分が悪くなると言います。不幸にも、我が国には化学物質過敏症を治療してくれる医者がいません(世界でもそうなのかもしれません)。この問題に対処するには、1 ppm以下の濃度域でもVOCを分解・除去してくれる真の”空気清浄機”が必要です。

以上のように、VOCの分解性能がない(または低い)空気清浄機が売れるのは、消費者自身がその性能を評価できないことにあると考えられます。これを余所(よそ)にして、「売れればいいんですよ」という身勝手な考えでこの状態を放置するのはよくあるはずがありません。

(令和2年7月27日)


寄稿|白石文秀教授(工学博士)
所属
九州大学大学院農学研究院生命機能科学部門
   システム生物工学講座 バイオプロセスデザイン分野
     (兼任)イノベーティブバイオアーキテクチャーセンター
     システムデザイン部門 バイオプロセスデザイン分野
HP
http://www.brs.kyushu-u.ac.jp/~biopro/


(C)2020 I-QUARK CORPORATION.