空気浄化を科学にする

九州大学大学院農学研究院 
教授(工学博士) 白石文秀

第1回 序論

現在、多くの会社から様々な種類の空気清浄機が市販されています。 空気処理の原理がいくつか異なり、なかには聞き慣れない(理解できない)言葉を使って消費者に新しく素晴らしい技術に違いないと思い込ませ、購買意欲を高くしているものもあります。このような商売戦略は以前にもあったことを思い出します。1990年代に洗濯機に“ファジー”という言葉を使い、従来よりも汚れが落ちやいという印象を与えて購買意欲を高め、しかし言葉が一般化してしまうと、今度は“ニューロ”、続いて”ニューロファジー”と矢継ぎ早に変え、多くの消費者が始めて聞く言葉で洗濯機のイメージを変えました。これらの洗濯機はいまどこに行ったのでしょう。結局、汚れ落ちに大きな違いは見られないということで、現在、その姿はありません。

このような事例を繰り返し傍観すると、日本の技術力は本当に高いのかと疑わざるを得ません。「売った方が勝ちですよ」、という生産メーカーからの発言を耳にしたことがあります。空気清浄機の世界も同様であると感じます。「5万円もしたのだから」、「世界にも知られた有名メーカーの製品だから」という理由で、「購入した空気清浄機がきっと室内の空気をきれいにしてくれる」と信じ込んでしまいます。スイッチを入れると高速で空気を吸引し、しばらくすると自動で遅くなる。しかし、その周辺をバタバタと歩き回ると、センサーがほこりを検出し、再度高速で空気を吸引する。このような巧妙な細工により、消費者は購入した空気清浄機が確かに自分の部屋の空気をきれいにしていると思い込んでしまいます。しかし、実際にはそうなっていないことがほとんどです。

科学はどのようなものに成立するでしょうか。中谷宇吉郎(科学の方法、岩波新書)によれば、科学が成立するのは「再現可能なもの」です。あるいは予測可能なものです。再現可能であれば、将来の動向が予測可能となります。心霊現象は科学と認められていませんね。なぜなら、いまここに幽霊を呼び寄せて見せてくれと頼んでも、霊能者はそれを再現できないからです。霊能者が「そこにいますよ」と言っても、他の人はそれを実際に確認できませんね。再現できないからこそ科学として認められないのです。それでは、地震発生はどうでしょうか。予測できないので科学でないのではないかと思うかもしれません。しかし、ちゃんと科学として認められています。これは地底の奥深くに地震を起こす原因が確かに存在し、これがある状態になれば地震が発生するからです。そこには観測の限界、すなわち科学の限界があり、予知ができなくなっています。

空気浄化の世界は、生産者が消費者に与える印象と処理の実態に大きな隔たりがあり、まだ科学になっていないと強く感じます。私は25年以上にわたり、大学で空気の高度浄化に関する研究に従事してきましたが、この隔たりが野放し状態にあることに日頃から頭を痛め、現状を変えなければならないと考えてきました。そこで、これから約10回にわたり、空気浄化に関する話題を提供することにしました。


寄稿|白石文秀教授(工学博士)
所属
九州大学大学院農学研究院生命機能科学部門
   システム生物工学講座 バイオプロセスデザイン分野
     (兼任)イノベーティブバイオアーキテクチャーセンター
     システムデザイン部門 バイオプロセスデザイン分野
HP
http://www.brs.kyushu-u.ac.jp/~biopro/


(C)2019 I-QUARK CORPORATION.